西野亮廣
著者のコラム一覧
西野亮廣

1980年、兵庫県生まれ。99年、漫才コンビ「キングコング」を結成。近年は絵本作家としても活躍。「えんとつ町のプペル」は映画化され、2019年の公開予定。10月発売の新刊「革命のファンファーレ~現代のお金と広告~」は早くもベストセラーに。オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」運営。

現金に「時間をかける」仕組みを考えたのがレターポット

公開日:

「プレゼントは受け取るべきである」という道徳観は、世代間にギャップがあります。モノがなかった世代とか、その世代に育てられた世代は、モノを贈られるっていうことがイコール幸せだった。でも、僕らとか、僕らより下の世代とかは、モノがあふれていたんです。

 モノをもらうだけで幸せという感覚はちょっと違うし、いらないものは本当にいらない。ここをクリアにしたいっていうのが、奈良から東京にプレゼンしに来たオンラインサロン会員の女の子の言い分だったんです。それはすごく理解できる。

 それで、「じゃあどんなサービスつくるの?」って聞いたら、「誕生日とかクリスマスとかそういう記念日に商品券を贈れるアプリをつくりたい」と。つまりお金ですよね。お金なら相手は好きに使えるし、使わないっていう選択もできる。それはそれでいいでしょう。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る