• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
西野亮廣
著者のコラム一覧
西野亮廣

1980年、兵庫県生まれ。99年、漫才コンビ「キングコング」を結成。近年は絵本作家としても活躍。「えんとつ町のプペル」は映画化され、2019年の公開予定。10月発売の新刊「革命のファンファーレ~現代のお金と広告~」は早くもベストセラーに。オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」運営。

肯定派も否定派も 「歩きスマホレーン」なら納得できる

 駅構内や電車、歩道での“ながらスマホ”が問題になっている。公共のマナーは、どこまで他人が注意できるのだろうか。

 これってすごく難しくって歩きスマホをしている人と、したことがない人では、視野の広さが全然違う。したことがない人は、している人に対して「前が何も見えてねえ」と思っていますが、している人は「前から自転車来たな」とかって分かる。もう生き物としての形、目の構造が変わっているから、そこを無視して注意するのは難しいですよね。

「歩きスマホでは前が見えない」っていう前提が正しかったら、もっと人が死んでいると思うんです。ホームから落ちているし、ぶつかっているし。でも、彼らは見えているんです。そこを受け入れるか受け入れないかですね。

 あと気持ちが悪いのが、電車の中で新聞読んでいたり、本読んでいるのはありなのに、電車の中でスマホをピコピコいじっている人に対して「なんやねん」と思っている人っているじゃないですか。それって、何に対して怒っているんだろう。むっちゃ怒ってるもんなあ、みんな。よく分かんないですよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

もっと見る