• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
西野亮廣
著者のコラム一覧
西野亮廣

1980年、兵庫県生まれ。99年、漫才コンビ「キングコング」を結成。近年は絵本作家としても活躍。「えんとつ町のプペル」は映画化され、2019年の公開予定。10月発売の新刊「革命のファンファーレ~現代のお金と広告~」は早くもベストセラーに。オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」運営。

肯定派も否定派も 「歩きスマホレーン」なら納得できる

 駅構内や電車、歩道での“ながらスマホ”が問題になっている。公共のマナーは、どこまで他人が注意できるのだろうか。

 これってすごく難しくって歩きスマホをしている人と、したことがない人では、視野の広さが全然違う。したことがない人は、している人に対して「前が何も見えてねえ」と思っていますが、している人は「前から自転車来たな」とかって分かる。もう生き物としての形、目の構造が変わっているから、そこを無視して注意するのは難しいですよね。

「歩きスマホでは前が見えない」っていう前提が正しかったら、もっと人が死んでいると思うんです。ホームから落ちているし、ぶつかっているし。でも、彼らは見えているんです。そこを受け入れるか受け入れないかですね。

 あと気持ちが悪いのが、電車の中で新聞読んでいたり、本読んでいるのはありなのに、電車の中でスマホをピコピコいじっている人に対して「なんやねん」と思っている人っているじゃないですか。それって、何に対して怒っているんだろう。むっちゃ怒ってるもんなあ、みんな。よく分かんないですよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る