老いらくの離婚からの再婚 橋幸夫74歳の「いつでも夢を」

公開日:

「人生の最後は、ひっそりひとりで自由な生き方をしたい」――。

 50年近く連れ添った夫人と昨年12月に離婚していた元祖ご三家の歌手・橋幸夫(74)は、そんな老後のプランを語っていて、“おひとりさま”でエンディングロードを歩き始めたとみられた。が、道には続きがあった。同12月に50代後半の美女と再婚。温泉地に購入した中古マンションを新居にし、2月下旬、ハワイへのファンクラブツアーの後、当地に残って結婚式代わりの人前式風セレモニーを開いていたというのだ。

 週刊文春は「星よりひそかに再婚」と報じていたが、同誌によると、橋は実母への介護経験から介護をテーマにした講演会をよくやっており、今回のお相手も介護関係の仕事をしていた。約3年前に出会って以降は公私にわたって橋はこの女性のサポートを受け、最近は都内に橋が持つ仕事場用のマンションなどで一緒に歩く姿がたびたび目撃されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る