• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

橋田寿賀子さんは“安楽死宣言”撤回 著名人たちの終活事情

 ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」などの脚本家、橋田寿賀子さん(92)が「認知症になったり、体が動かなくなったりしたら、安楽死したい」との発言を撤回、「安楽死、もうあきらめました」などと朝日新聞のインタビュー連載で語り話題だ。

 橋田さんが安楽死を選択したい考えを公にしたのが2016年。すでにTBSプロデューサーであった夫とも死別、「家族も心を残した人もいないため、寝たきりや重度の認知症になったりして、人に迷惑をかけてまで生きていたくない」と話していた。

 そして「無駄な延命はやめてください。お葬式はいりません。しのぶ会もやめてください。マスコミにはだまっててください」と遺言を書いて周囲に渡していたというが、今回それを撤回した理由を同インタビューでこう語っている。

「本当は、あきらめてはいませんけど。安楽死について発言すると、うるさく言われることが多いんですよ。『安楽死なんてとんでもない。もっとちゃんと生きる希望を持ちなさい。一生懸命生きなさい』と叱られたり、『他の人にまで死を強制することになりかねない』と言われたり」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  10. 10

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

もっと見る