橋田寿賀子さんは“安楽死宣言”撤回 著名人たちの終活事情

公開日:

 ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」などの脚本家、橋田寿賀子さん(92)が「認知症になったり、体が動かなくなったりしたら、安楽死したい」との発言を撤回、「安楽死、もうあきらめました」などと朝日新聞のインタビュー連載で語り話題だ。

 橋田さんが安楽死を選択したい考えを公にしたのが2016年。すでにTBSプロデューサーであった夫とも死別、「家族も心を残した人もいないため、寝たきりや重度の認知症になったりして、人に迷惑をかけてまで生きていたくない」と話していた。

 そして「無駄な延命はやめてください。お葬式はいりません。しのぶ会もやめてください。マスコミにはだまっててください」と遺言を書いて周囲に渡していたというが、今回それを撤回した理由を同インタビューでこう語っている。

「本当は、あきらめてはいませんけど。安楽死について発言すると、うるさく言われることが多いんですよ。『安楽死なんてとんでもない。もっとちゃんと生きる希望を持ちなさい。一生懸命生きなさい』と叱られたり、『他の人にまで死を強制することになりかねない』と言われたり」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る