橋田寿賀子さんは“安楽死宣言”撤回 著名人たちの終活事情

公開日:

 ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」などの脚本家、橋田寿賀子さん(92)が「認知症になったり、体が動かなくなったりしたら、安楽死したい」との発言を撤回、「安楽死、もうあきらめました」などと朝日新聞のインタビュー連載で語り話題だ。

 橋田さんが安楽死を選択したい考えを公にしたのが2016年。すでにTBSプロデューサーであった夫とも死別、「家族も心を残した人もいないため、寝たきりや重度の認知症になったりして、人に迷惑をかけてまで生きていたくない」と話していた。

 そして「無駄な延命はやめてください。お葬式はいりません。しのぶ会もやめてください。マスコミにはだまっててください」と遺言を書いて周囲に渡していたというが、今回それを撤回した理由を同インタビューでこう語っている。

「本当は、あきらめてはいませんけど。安楽死について発言すると、うるさく言われることが多いんですよ。『安楽死なんてとんでもない。もっとちゃんと生きる希望を持ちなさい。一生懸命生きなさい』と叱られたり、『他の人にまで死を強制することになりかねない』と言われたり」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る