• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画「女は二度決断する」監督語る 民族問題と沈黙の差別

 右傾化する政治にネトウヨ、ヘイトスピーチが横行する日本社会の近未来図と話題だ。ドイツ極右組織NSUによる連続テロ殺人事件をモチーフに、人種差別からの殺人を描いた映画「女は二度決断する」。トルコ移民を両親に持ち、ドイツで生まれ育ったファティ・アキン監督に異民族・異文化間の問題を聞いた。

 ――2000年から07年までにトルコ人ら外国人9人が殺害された事件では、監督の知人も犠牲になった。

「ええ、私の兄のサッカーの知り合いでした。事件当時、私は20代後半だったのですが、とてつもない衝撃と恐怖を覚えました。まず警察の捜査。被害者であるトルコ人の犯罪組織内の抗争か麻薬をめぐるトラブルと決めつけ、ネオナチを捜査線上から外していたのです。それで残忍な犯人グループが野放しとなり、惨劇を繰り返していった。背景にある沈黙の差別。私たち家族も同胞もいつ狙われるか分からない恐怖を感じていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る