映画「女は二度決断する」監督語る 民族問題と沈黙の差別

公開日: 更新日:

 右傾化する政治にネトウヨ、ヘイトスピーチが横行する日本社会の近未来図と話題だ。ドイツ極右組織NSUによる連続テロ殺人事件をモチーフに、人種差別からの殺人を描いた映画「女は二度決断する」。トルコ移民を両親に持ち、ドイツで生まれ育ったファティ・アキン監督に異民族・異文化間の問題を聞いた。

 ――2000年から07年までにトルコ人ら外国人9人が殺害された事件では、監督の知人も犠牲になった。

「ええ、私の兄のサッカーの知り合いでした。事件当時、私は20代後半だったのですが、とてつもない衝撃と恐怖を覚えました。まず警察の捜査。被害者であるトルコ人の犯罪組織内の抗争か麻薬をめぐるトラブルと決めつけ、ネオナチを捜査線上から外していたのです。それで残忍な犯人グループが野放しとなり、惨劇を繰り返していった。背景にある沈黙の差別。私たち家族も同胞もいつ狙われるか分からない恐怖を感じていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  4. 4

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

  5. 5

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  6. 6

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  7. 7

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  8. 8

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  9. 9

    ジャニーズも大打撃! 五輪中継一色で割を食う芸能人たち…コロナ禍とWパンチで開店休業状態

  10. 10

    東京五輪でスケートボード金メダル連発の快挙!「ボーダー=腰パン不良」のイメージ一掃

もっと見る