ウルトラQ女優太鼓判 映画「ダウンサイズ」が超シュール

公開日:

 公開前から話題の一本がある。マット・デイモン(47)主演の「ダウンサイズ」(東和ピクチャーズ配給)がそれ。ひと足先にマスコミ向けの試写会で観賞した本紙記者も、心をわしづかみにされてしまった。

 物語は人口増加や経済格差、環境汚染といった地球全体が直面する社会問題の解決を図る〈人類縮小化計画〉に参加する男の姿を描いた風刺コメディー。

 人間を全長13センチの手乗りサイズにダウンサイズ(小型化)することで生活に必要な食べ物や空気、土地などあらゆるものが少量で済むわけで、それは人類を救うだけでなく、自分自身も憧れのアッパー生活が送れるという“いいことずくめ”の夢のような生活を描いた作品だ。

 もっとも、メガホンを取ったのは、アイロニーやブラックユーモアの作風を身上とするアレクサンダー・ペイン監督(57)である。幸せの本質を考えさせられる描写も多く含まれるのだが、あれれ、どこかで似た作品を見たような……。実は同作は、ウルトラシリーズ第1弾「ウルトラQ」(1966年)の第17話「1/8計画」と設定がソックリなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る