クズ夫に三行半? “男運ゼロ”南野陽子に迫る離婚のXデー

公開日:

 新作ドラマの出演が決まるなど芸能活動が順調な中山美穂(48)と対照的なのが、同期の元アイドル南野陽子(50)だ。

 南野の問題は仕事ではなく夫の素行。週刊誌では最近も「クズ夫なのに離婚しない」と報じられるなどケチョンケチョンである。

 南野の夫は4歳年下の実業家。都内の医療法人から業務上横領で刑事告訴されていたと報じられたほか、実質的な経営者としてかかわる都内クリニックの従業員に対する日常的な暴行や横領疑惑も報じられている。結婚当時は推定1000万円以上の結婚指輪を披露して「セレブ婚」と羨まれたが、その後は浮気や暴力沙汰ばかりが話題になっている。それでも離婚しない南野は辛抱強いというしかないが……。

「南野はダブル不倫騒動で降板した斉藤由貴に代わり、NHK大河『西郷どん』に出演中。普段からおっとりしたお姫様キャラで知られていますが、交際相手には、なぜか苦労やトラブルがつきまとう。過去にはDV被害を心配されていたこともありました」(スポーツ紙芸能デスク)

 耐える女はドラマや映画だけで十分なのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る