クズ夫に三行半? “男運ゼロ”南野陽子に迫る離婚のXデー

公開日: 更新日:

 新作ドラマの出演が決まるなど芸能活動が順調な中山美穂(48)と対照的なのが、同期の元アイドル南野陽子(50)だ。

 南野の問題は仕事ではなく夫の素行。週刊誌では最近も「クズ夫なのに離婚しない」と報じられるなどケチョンケチョンである。

 南野の夫は4歳年下の実業家。都内の医療法人から業務上横領で刑事告訴されていたと報じられたほか、実質的な経営者としてかかわる都内クリニックの従業員に対する日常的な暴行や横領疑惑も報じられている。結婚当時は推定1000万円以上の結婚指輪を披露して「セレブ婚」と羨まれたが、その後は浮気や暴力沙汰ばかりが話題になっている。それでも離婚しない南野は辛抱強いというしかないが……。

「南野はダブル不倫騒動で降板した斉藤由貴に代わり、NHK大河『西郷どん』に出演中。普段からおっとりしたお姫様キャラで知られていますが、交際相手には、なぜか苦労やトラブルがつきまとう。過去にはDV被害を心配されていたこともありました」(スポーツ紙芸能デスク)

 耐える女はドラマや映画だけで十分なのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る