中国でW主演映画メガヒット 福山雅治が“高倉健”になる日

公開日:  更新日:

 福山雅治(49)とチャン・ハンユー(53)の日中スターがダブル主演した映画「マンハント」(公開中)の評判が上々だ。上映されたベネチア国際映画祭では「久々のジョン・ウー監督らしい娯楽作」と海外メディアが絶賛。中国でも大ヒットとなっている。

 西村寿行の小説「君よ憤怒の河を渉れ」を「M:I―2」「レッドクリフ」シリーズなどで知られるヒットメーカー、ジョン・ウー監督が実写化。オール日本ロケで描かれる壮絶な追跡アクションで、福山は何者かに殺人事件の濡れ衣を着せられる弁護士(チャン・ハンユー)を執拗に追う敏腕刑事を演じている。映画批評家の前田有一氏はこういう。

「近年では『三度目の殺人』など本格的な映画俳優としての活躍が目立ちますが、本作でもターミネーターのような底知れぬ迫力を感じさせる“追跡者”の役作りがハマっています。ジョン・ウー監督の現場は当日まで予定がコロコロ変わり、台本はあってなかったようなモノだったそうですが、そんな難しい環境にも果敢に挑み、日本俳優としての存在感を示したといえるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る