元SMAP映画でメガホン 爆問太田「飯島呼べ」で共演NGに?

公開日:

 記者会見やラジオなど“ナマ”の現場での暴走が目立つ爆笑問題の太田光(52)がまたやらかした。

 太田がメガホンをとる元SMAPの稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(41)の3人が出演のオムニバス映画「クソ野郎と美しき世界」(4月6日から2週間限定公開)の中の一編「光へ、航る」のクランクイン初日に行われた会見でのこと。

 太田は脚本完成までには紆余曲折もあったことも明かし、「飯島と相当もめた。飯島を呼べ!」と絶叫。会見場にいた元SMAPのチーフマネジャーで、3人のマネジメント会社社長・飯島三智氏をイジり笑わせたというが、ここまではご愛嬌。この様子は一部スポーツ紙でも報じられたが、問題はその後。

 更にシャレにならない発言で関係者を凍り付かせていたというのだ。

「映画のタイトルに引っかけて記者が『みなさんにとってクソ野郎のイメージは』と質問したところ、太田は真顔で『メリーさんとか言っちゃダメだよ』と発言したそうなんです。メリーさんといえば、ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長。誰かがご注進したのか、その発言は即日ジャニーズ側の耳に入って一悶着あったそうです。元SMAPの映画を撮っている時点でアウトですが、今後、太田はジャニーズタレントと“共演NG”リスト入りしそうです」(事情通)

 舌禍を恐れない姿勢は芸人の鑑というべきか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  6. 6

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  7. 7

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る