「NYでも意外にウケた」長井秀和がコメディアン修業を語る

公開日: 更新日:

 
 03年に「間違いない!」のギャグで人気になったものの、日本だけじゃなく世界に通用するコメディアンを目指そうという思いが強くなったんです。テレビの仕事で海外に行って「コメディアンです」って自己紹介しても、英語でネタを披露できなかったら空回りするでしょ。それで思い切って休業し、ニューヨークに語学留学することにしました。

 それが07年。結婚して子供もいたけど、身軽な単身を選びました。留学前の英語力は受験英語レベルくらい。英検とかでは準2級ほどです。ニューヨークでは昼は語学学校、夜はコメディークラブのステージという生活を丸1年。ラッキーだったのは現地に行って1週間ぐらいで日本人の人気コメディアン、RIO(小池良介)さんの紹介でコメディークラブに出入りできるようになり、2週間後にはステージに立つことができたこと。あまりにもトントン拍子に話が進むので、その瞬間「夢じゃないか」と思いました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  2. 2

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  3. 3

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  4. 4

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  5. 5

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  6. 6

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  7. 7

    小池知事「コロナ重症者数」過少申告の姑息 196人を39人と

  8. 8

    小池知事“ひとり相撲”で泥縄の大誤算…情弱で対応周回遅れ

  9. 9

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  10. 10

    安倍命、次は菅に雪崩で国民愚弄 自民党政権は下野が当然

もっと見る