• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「NYでも意外にウケた」長井秀和がコメディアン修業を語る

「間違いない!」のフレーズでブレークしたお笑いタレントの長井秀和さん(48)。低迷した時期もあったが、最近は英語のレッスン講師としても活躍中だ。

 ◇  ◇  ◇

 一昨年のアカデミー賞の司会者ってだれだったか覚えてます?黒人のノミネートが少ないことをちゃかしたり、女性差別をイジったりした黒人人気コメディアンで俳優のクリス・ロックです。彼が駆け出しのスタンダップコメディアン(漫談家)でニューヨークのコメディークラブのステージに立っていたところ、それを見たエディ・マーフィが大ヒット映画「ビバリーヒルズ・コップ2」(87年)にキャスティング。それを機にブレークし、テレビや映画で大活躍しています。

 そんなクリスを知ったのは2000年くらいでした。字幕付きのDVDを買ってよく見たけど、まあ、面白いのなんの。際どい時事ネタや差別ネタで笑い飛ばし、それでいて問題の核心を突く。「漫談は毒があって風刺がきいてないと面白くない」と思ってるボクの理想のスタイルがそこにあって、とにかくカッコよかった。ただ、だんだんDVDの翻訳に物足りなさを感じて、英語があまりできなかったので独学で学びだしました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る