新番組は視聴率3.9%…とんねるず石橋“オワコン説”に拍車

公開日:

 とんねるず石橋貴明(56)がMCをつとめる新番組「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系月曜23時~)。

 16日に初回放送を迎えたが、平均視聴率3・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。30年続いた「とんねるずのみなさんのおかげでした」が3月に終了し、気分一新のつもりが惨憺たるスタートとなった。

 ゲストの工藤静香(48)がおニャン子クラブ時代の武勇伝を語り「あの頃はやる気ゼロだった。果てしなくゼロ」と発言し、「ファンに失礼」とSNSで炎上するなど、番組の印象はダダ下がり。

 以前から囁かれていた石橋のオワコン(終わったコンテンツ)説に拍車をかける形となった。芸能評論家の肥留間正明氏はこう言う。

「もう10年以上前から彼のオワコン説が囁かれていました。とんねるずは“アイドル芸人”のはしりで、アドリブは利かないけれど、当時の芸人にしては顔が良かった。そこで一言一句テレビ局が用意していたものをこなしていた、いわば“作られたキャラ”でした。それが時流に乗ってブレークしたものの、フジテレビの体質劣化で見直しを怠っていただけ。レギュラー終了は遅すぎたくらいです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  10. 10

    “M─1舌禍騒動”当初は久保田&武智を支持する声も多かった

もっと見る