• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新番組は視聴率3.9%…とんねるず石橋“オワコン説”に拍車

 とんねるず石橋貴明(56)がMCをつとめる新番組「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系月曜23時~)。

 16日に初回放送を迎えたが、平均視聴率3・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。30年続いた「とんねるずのみなさんのおかげでした」が3月に終了し、気分一新のつもりが惨憺たるスタートとなった。

 ゲストの工藤静香(48)がおニャン子クラブ時代の武勇伝を語り「あの頃はやる気ゼロだった。果てしなくゼロ」と発言し、「ファンに失礼」とSNSで炎上するなど、番組の印象はダダ下がり。

 以前から囁かれていた石橋のオワコン(終わったコンテンツ)説に拍車をかける形となった。芸能評論家の肥留間正明氏はこう言う。

「もう10年以上前から彼のオワコン説が囁かれていました。とんねるずは“アイドル芸人”のはしりで、アドリブは利かないけれど、当時の芸人にしては顔が良かった。そこで一言一句テレビ局が用意していたものをこなしていた、いわば“作られたキャラ”でした。それが時流に乗ってブレークしたものの、フジテレビの体質劣化で見直しを怠っていただけ。レギュラー終了は遅すぎたくらいです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る