「志らく兄さんは落研の同級生。本名で呼び合ってました」

公開日:  更新日:

 柳家喬太郎こと小原正也は、高校時代から演劇が大好きだった。

「すごく好みが偏ってまして、つかこうへい劇団の芝居だけ追っかけて見てました。少ないお小遣いを貯めてチケットを買ってね。落語家になってしばらくブランクがありましたが、二つ目になってまた追っかけを再開しました。だから風間杜夫さんと初めて落語会で共演した時は夢のようでした」

 長年にわたり、つかこうへい劇団の看板役者だった風間杜夫は大の落語好きで、自分でも落語を演じ、定期的に落語会を開いている。その助演に喬太郎がレギュラーで出ている。

「風間さんが落語好きというだけでもうれしいのに、横浜にぎわい座の舞台で落語の共演ができたんですから感慨無量です。落語家になってよかったとつくづく思いました」

■志らく兄さんとは落研の同級生

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る