「志らく兄さんは落研の同級生。本名で呼び合ってました」

公開日:  更新日:

 柳家喬太郎こと小原正也は、高校時代から演劇が大好きだった。

「すごく好みが偏ってまして、つかこうへい劇団の芝居だけ追っかけて見てました。少ないお小遣いを貯めてチケットを買ってね。落語家になってしばらくブランクがありましたが、二つ目になってまた追っかけを再開しました。だから風間杜夫さんと初めて落語会で共演した時は夢のようでした」

 長年にわたり、つかこうへい劇団の看板役者だった風間杜夫は大の落語好きで、自分でも落語を演じ、定期的に落語会を開いている。その助演に喬太郎がレギュラーで出ている。

「風間さんが落語好きというだけでもうれしいのに、横浜にぎわい座の舞台で落語の共演ができたんですから感慨無量です。落語家になってよかったとつくづく思いました」

■志らく兄さんとは落研の同級生

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  7. 7

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る