「志らく兄さんは落研の同級生。本名で呼び合ってました」

公開日: 更新日:

 柳家喬太郎こと小原正也は、高校時代から演劇が大好きだった。

「すごく好みが偏ってまして、つかこうへい劇団の芝居だけ追っかけて見てました。少ないお小遣いを貯めてチケットを買ってね。落語家になってしばらくブランクがありましたが、二つ目になってまた追っかけを再開しました。だから風間杜夫さんと初めて落語会で共演した時は夢のようでした」

 長年にわたり、つかこうへい劇団の看板役者だった風間杜夫は大の落語好きで、自分でも落語を演じ、定期的に落語会を開いている。その助演に喬太郎がレギュラーで出ている。

「風間さんが落語好きというだけでもうれしいのに、横浜にぎわい座の舞台で落語の共演ができたんですから感慨無量です。落語家になってよかったとつくづく思いました」

■志らく兄さんとは落研の同級生

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  9. 9

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る