写真流出も錦戸亮は沈黙…うやむやになった瑛太の暴行事件

公開日:

 先月末から今月初めにかけて芸能ニュースの主役となったのは、女子高生に対する強制わいせつで書類送検(起訴猶予)され、ジャニーズ事務所から契約解除された元TOKIOメンバーの山口達也(46)だった。が、その事件の陰でジャニーズタレント絡みのスキャンダルがうやむやになってしまった。

 先月発売の写真誌「フライデー」によると、同月10日の深夜、NHKの大河ドラマ「西郷どん」で共演する俳優の瑛太(35)と関ジャニ∞の錦戸亮(33)がそろって深夜に都内のラウンジに来店。酒グセの悪さが知れ渡っている2人だが、錦戸にからかわれた瑛太は激怒し、馬乗りになって錦戸をフルボッコにしてしまったというのだ。

 事実ならば、立派な“事件”だが……。

「暴行写真まで流出したにもかかわらず、同誌に対して瑛太本人も瑛太の事務所も暴行を否定。錦戸は被害者にもかかわらず、この一件については沈黙しています。瑛太はこの後も同じラウンジを訪れているので、酒に酔って何も覚えていないのかもしれません」(芸能関係者)

 この件を知ってか知らずか、14日に明大で行われた映画のPR活動の一環の課外授業では学生から瑛太に対し、「人を傷つけた経験は?」との質問が飛んだという。瑛太は、「小中学生の頃、白髪が生えた友達を『石灰ついてる』とからかった」と告白したというが、肝を冷やしたに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る