• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

“5歳児”の素朴な疑問 NHK「チコちゃんに叱られる」の痛快

 今期も新しいバラエティ番組が何本か登場したが、最もおススメしたいのが金曜夜の「チコちゃんに叱られる」(NHK総合)だ。コンセプトは明快で、子どもが投げかける「素朴な疑問」に大人として答えてみよう、という番組である。

 この「素朴な疑問」ってやつが結構難物で、たとえば「空はなぜ青いの?」と聞かれたとき、正確でわかりやすい説明が出来る大人は(私を含め)少ないのではないか。

 番組に登場するのは「チコちゃん」という5歳の女の子。ただし生身の人間ではなく、頭の部分はCGで、その下はワンピースの着ぐるみだ。そして自分の問いかけにスタジオの大人たちが答えられないと、目が炎と共に燃え上がり、頭から大量の湯気を噴き出して、「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と激怒する。これが痛快なのだ。

 先週も「なぜ高齢者のことをシルバーというの?」という素朴な疑問をMCの岡村隆史(47)たちにぶつけ、叱りつけていた。番組は45年前に国鉄(現在のJR)が採用したシルバーシートをめぐる再現ドラマ(主演・鶴見辰吾)まで作ってしまう。

 この「チコちゃん」の声、音声変換で演じているのはキム兄こと木村祐一(55)だ。チコちゃんの言動が時々関西のオッサンと化すのは番組名物となっている。超個性的な“地上最強の5歳児”に、週に一度叱られてみるのも悪くない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る