船越英一郎が逆襲開始…愛憎ドロ沼化で「松居劇場」再開演

公開日: 更新日:

■ホリプロとは和解も……

 松居は昨年11月、船越の所属事務所ホリプロから名誉毀損の民事訴訟を起こされ、今月16日に和解が成立した。しかし、それで一件落着ではなかった。船越本人が松居を名誉毀損で告訴したのだから“松居劇場”の幕は再び上がったといえるだろう。ベテラン芸能記者の青山佳裕氏が言う。

「船越さんにしてみれば、ご自分のことのみならず、松居さんが船越さんの友人女性を愛人だと決めつけ、女性の住むハワイにまで押しかけるといったところがどうしても看過できなかったのではないでしょうか。連日、動画などで松居さんが船越さんへの罵詈雑言を繰り返した騒動の際、船越さんは沈黙を貫いていました。けれど、よほど腹に据えかねていたことが今回の告訴で分かったような気がします」

 一方の松居について、ワイドショー芸能デスクはこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  4. 4

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  7. 7

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  8. 8

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  9. 9

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  10. 10

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る