「私はあなたのニグロではない」が突きつける差別の根源

公開日:

 米作家で、1960年代公民権運動の旗手のひとりであったジェームズ・ボールドウィンが全米で再ブームだという。きっかけはボールドウィン末期の未完成原稿を、黒人差別と暗殺の血塗られた映像と共に映像化したドキュメンタリー映画「私はあなたのニグロではない」の昨年の大ヒット。これが日本でも公開となり、話題になっている。

 何より衝撃なのは、テレビでは絶対に流れないであろう映像の数々だ。

 1950年代、白人だけの通う高校にただひとり登校する15歳の黒人少女ドロシーが罵声と嘲笑、唾まで吐きかけられるニュース映像。ビリー・ホリデイが代表曲「奇妙な果実」で歌った、木に首を吊られ、ゆらゆら揺れている黒人の惨殺映像などなど。ボールドウィンのほかメドガー、マルコムX、そしてキング牧師らの言葉は、リンチ映像などに重ねて流れると鮮烈で根源的だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る