• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「私はあなたのニグロではない」が突きつける差別の根源

 米作家で、1960年代公民権運動の旗手のひとりであったジェームズ・ボールドウィンが全米で再ブームだという。きっかけはボールドウィン末期の未完成原稿を、黒人差別と暗殺の血塗られた映像と共に映像化したドキュメンタリー映画「私はあなたのニグロではない」の昨年の大ヒット。これが日本でも公開となり、話題になっている。

 何より衝撃なのは、テレビでは絶対に流れないであろう映像の数々だ。

 1950年代、白人だけの通う高校にただひとり登校する15歳の黒人少女ドロシーが罵声と嘲笑、唾まで吐きかけられるニュース映像。ビリー・ホリデイが代表曲「奇妙な果実」で歌った、木に首を吊られ、ゆらゆら揺れている黒人の惨殺映像などなど。ボールドウィンのほかメドガー、マルコムX、そしてキング牧師らの言葉は、リンチ映像などに重ねて流れると鮮烈で根源的だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る