• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

石川敏男さん<5>市毛良枝の食事中にマイクを突き付け…

 石川さんは、松竹、主婦と生活社、芸能リポーターと職歴は変わっても「必死に働いた」と自信を持って答える。30歳の若さでマイホームも購入した。

「僕は向島で玩具工場を経営する裕福な家庭で育ちましたが、小学校4年の時に父親が事業に失敗。78年に母の貞子にがんが見つかり余命いくばくもない彼女(64歳で死去)が『庭のあるお家に住みたい』とポロッとしゃべった。僕はその願いをかなえてあげるため、まだ独身でしたが、千葉の柏市に家を建てたのです」

 もっとも、この母の願いが、その後に結婚することになる女性を引き合わせてくれた。

「家を建てた不動産屋の社長が『近くの酒屋に地元で有名な美人3姉妹がいるよ』と耳打ちしてきたのです。“どれどれ”と興味を引かれてたばこを買いにいったら、はっとするような美人がいた。それが今の奥さんです。それからは彼女に会うため、用もないのにたばこや酒を毎日、買いにいきました。結婚してから『なぜ僕と結婚したの?』と聞いたことがあります。彼女は『この人は仕事はできる。一生、食わしてくれるだろうと思った』と答えました。おそらく、デート中も仕事の話しかしてなかったんでしょうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  9. 9

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る