石川敏男さん<5>市毛良枝の食事中にマイクを突き付け…

公開日:

 石川さんは、松竹、主婦と生活社、芸能リポーターと職歴は変わっても「必死に働いた」と自信を持って答える。30歳の若さでマイホームも購入した。

「僕は向島で玩具工場を経営する裕福な家庭で育ちましたが、小学校4年の時に父親が事業に失敗。78年に母の貞子にがんが見つかり余命いくばくもない彼女(64歳で死去)が『庭のあるお家に住みたい』とポロッとしゃべった。僕はその願いをかなえてあげるため、まだ独身でしたが、千葉の柏市に家を建てたのです」

 もっとも、この母の願いが、その後に結婚することになる女性を引き合わせてくれた。

「家を建てた不動産屋の社長が『近くの酒屋に地元で有名な美人3姉妹がいるよ』と耳打ちしてきたのです。“どれどれ”と興味を引かれてたばこを買いにいったら、はっとするような美人がいた。それが今の奥さんです。それからは彼女に会うため、用もないのにたばこや酒を毎日、買いにいきました。結婚してから『なぜ僕と結婚したの?』と聞いたことがあります。彼女は『この人は仕事はできる。一生、食わしてくれるだろうと思った』と答えました。おそらく、デート中も仕事の話しかしてなかったんでしょうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  10. 10

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

もっと見る