• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

石川敏男さん<5>市毛良枝の食事中にマイクを突き付け…

 石川さんは、松竹、主婦と生活社、芸能リポーターと職歴は変わっても「必死に働いた」と自信を持って答える。30歳の若さでマイホームも購入した。

「僕は向島で玩具工場を経営する裕福な家庭で育ちましたが、小学校4年の時に父親が事業に失敗。78年に母の貞子にがんが見つかり余命いくばくもない彼女(64歳で死去)が『庭のあるお家に住みたい』とポロッとしゃべった。僕はその願いをかなえてあげるため、まだ独身でしたが、千葉の柏市に家を建てたのです」

 もっとも、この母の願いが、その後に結婚することになる女性を引き合わせてくれた。

「家を建てた不動産屋の社長が『近くの酒屋に地元で有名な美人3姉妹がいるよ』と耳打ちしてきたのです。“どれどれ”と興味を引かれてたばこを買いにいったら、はっとするような美人がいた。それが今の奥さんです。それからは彼女に会うため、用もないのにたばこや酒を毎日、買いにいきました。結婚してから『なぜ僕と結婚したの?』と聞いたことがあります。彼女は『この人は仕事はできる。一生、食わしてくれるだろうと思った』と答えました。おそらく、デート中も仕事の話しかしてなかったんでしょうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る