石川敏男さん<5>市毛良枝の食事中にマイクを突き付け…

公開日: 更新日:

 石川さんは、松竹、主婦と生活社、芸能リポーターと職歴は変わっても「必死に働いた」と自信を持って答える。30歳の若さでマイホームも購入した。

「僕は向島で玩具工場を経営する裕福な家庭で育ちましたが、小学校4年の時に父親が事業に失敗。78年に母の貞子にがんが見つかり余命いくばくもない彼女(64歳で死去)が『庭のあるお家に住みたい』とポロッとしゃべった。僕はその願いをかなえてあげるため、まだ独身でしたが、千葉の柏市に家を建てたのです」

 もっとも、この母の願いが、その後に結婚することになる女性を引き合わせてくれた。

「家を建てた不動産屋の社長が『近くの酒屋に地元で有名な美人3姉妹がいるよ』と耳打ちしてきたのです。“どれどれ”と興味を引かれてたばこを買いにいったら、はっとするような美人がいた。それが今の奥さんです。それからは彼女に会うため、用もないのにたばこや酒を毎日、買いにいきました。結婚してから『なぜ僕と結婚したの?』と聞いたことがあります。彼女は『この人は仕事はできる。一生、食わしてくれるだろうと思った』と答えました。おそらく、デート中も仕事の話しかしてなかったんでしょうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る