• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

佐々木俊尚さん<3>地下鉄サリン事件前日に信者に囲まれた

 1995年3月20日の地下鉄サリン事件の前夜、私は南青山のオウム真理教総本部前にいました。警察はすでに教団を内偵していて、上九一色村(山梨県)の施設の土を検査し、サリン成分を確認していた。それで、20日に強制捜査があるはずだった。オウム側はそれを分かっていたので、地下鉄サリン事件を起こしたというわけですが、われわれも警察情報をつかんでいたので、会社から「オウムがキャッチしているかもしれないから総本部に行って見てこい」と指示されたのです。

 夜8時ごろでしたか、ハイヤーで総本部の近くに行くと、教団の前で信者が騒いでいて、煙も出ていた。

 ハイヤーを離れたところにつけて、ネクタイを外し、上着を脱いで、酔っぱらいのふりをして「なんかあったんですか?」と聞きました。すると「火炎瓶を投げ込まれた」と言うので、これは記事にしなければと思っていろいろ聞き出していたら、怪しまれて……。10人ぐらいの信者に取り囲まれて、連れ込まれそうになりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る