• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

石川敏男さん<4>酒井法子“通い婚”スクープ映像はお蔵入り

 石川さんは1988年、女性誌の記者から日本テレビの芸能リポーターに転身する。記者時代から数々のスクープをモノにしてきた。

「記者時代の一番のスクープは、79年の都はるみさんと朝月広臣さんの結婚報道です。当時、僕は朝月さんと大の仲良しで、もちろん、はるみさんとの交際も知っていました。ところが、『グアム島で挙式するらしい』と情報が入っても、確証が得られなかった。はるみさんは当時、『北の宿から』の大ヒットで歌謡界を代表する大スター。ちょうど同じ頃、彼女の専属先の日本コロムビアのパーティーがあり、コロムビアの社長や大物評論家の平井賢さんに聞いても『知らない』の一点張り。居合わせた彼女の所属事務所であるサンミュージックの相澤秀禎元社長にも結婚を否定されました」

 そこで石川さんは、朝月に直接電話する。

「ところが、どうも歯切れが悪い。雰囲気で隣にはるみさんがいると察して、そこで僕は『しゃべらなくていいから、ウンとかハイで答えてくれ』と言って、ようやく結婚の日時が分かりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る