石川敏男さん<4>酒井法子“通い婚”スクープ映像はお蔵入り

公開日: 更新日:

 石川さんは1988年、女性誌の記者から日本テレビの芸能リポーターに転身する。記者時代から数々のスクープをモノにしてきた。

「記者時代の一番のスクープは、79年の都はるみさんと朝月広臣さんの結婚報道です。当時、僕は朝月さんと大の仲良しで、もちろん、はるみさんとの交際も知っていました。ところが、『グアム島で挙式するらしい』と情報が入っても、確証が得られなかった。はるみさんは当時、『北の宿から』の大ヒットで歌謡界を代表する大スター。ちょうど同じ頃、彼女の専属先の日本コロムビアのパーティーがあり、コロムビアの社長や大物評論家の平井賢さんに聞いても『知らない』の一点張り。居合わせた彼女の所属事務所であるサンミュージックの相澤秀禎元社長にも結婚を否定されました」

 そこで石川さんは、朝月に直接電話する。

「ところが、どうも歯切れが悪い。雰囲気で隣にはるみさんがいると察して、そこで僕は『しゃべらなくていいから、ウンとかハイで答えてくれ』と言って、ようやく結婚の日時が分かりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

もっと見る