石川敏男さん<4>酒井法子“通い婚”スクープ映像はお蔵入り

公開日:

 石川さんは1988年、女性誌の記者から日本テレビの芸能リポーターに転身する。記者時代から数々のスクープをモノにしてきた。

「記者時代の一番のスクープは、79年の都はるみさんと朝月広臣さんの結婚報道です。当時、僕は朝月さんと大の仲良しで、もちろん、はるみさんとの交際も知っていました。ところが、『グアム島で挙式するらしい』と情報が入っても、確証が得られなかった。はるみさんは当時、『北の宿から』の大ヒットで歌謡界を代表する大スター。ちょうど同じ頃、彼女の専属先の日本コロムビアのパーティーがあり、コロムビアの社長や大物評論家の平井賢さんに聞いても『知らない』の一点張り。居合わせた彼女の所属事務所であるサンミュージックの相澤秀禎元社長にも結婚を否定されました」

 そこで石川さんは、朝月に直接電話する。

「ところが、どうも歯切れが悪い。雰囲気で隣にはるみさんがいると察して、そこで僕は『しゃべらなくていいから、ウンとかハイで答えてくれ』と言って、ようやく結婚の日時が分かりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  10. 10

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

もっと見る