石川敏男さん<2>週刊誌記者の頃に大出俊に水をかけられた

公開日: 更新日:

 月給10万円につられて、石川さんは「女性セブン」(小学館)の専属記者に転身する。1971年、25歳の頃のことだ。

「まじめに原稿を書くと、1カ月に10万円にはなった。松竹の頃に見聞きしたエピソードを書いて関係がこじれた人もいましたが、週刊誌記者になったことですてきな出会いも生まれました。かけ出しの鳥羽一郎さんや山本譲二さんを雑誌で紹介してその後も付き合っていますし、前川清さんも貴重な友人のひとりです」

 記者とタレントが持ちつ持たれつの関係を築いていた時代。SNSで情報が拡散する今とは違って石川さんは親しい仲のタレントには仁義を通したし、時には是々非々で論じたという。

「でもね、二枚目俳優の大出俊さんは怒らせてしまった。交際女性について話を聞こうと自宅へ伺ったのですが、ドアが開いたと思ったら洗面器で水をバサッとかけられました。ピンポンピンポンと、あんまり鳴らし過ぎたかなぁ……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  6. 6

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  10. 10

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

もっと見る