石川敏男さん<2>週刊誌記者の頃に大出俊に水をかけられた

公開日: 更新日:

 月給10万円につられて、石川さんは「女性セブン」(小学館)の専属記者に転身する。1971年、25歳の頃のことだ。

「まじめに原稿を書くと、1カ月に10万円にはなった。松竹の頃に見聞きしたエピソードを書いて関係がこじれた人もいましたが、週刊誌記者になったことですてきな出会いも生まれました。かけ出しの鳥羽一郎さんや山本譲二さんを雑誌で紹介してその後も付き合っていますし、前川清さんも貴重な友人のひとりです」

 記者とタレントが持ちつ持たれつの関係を築いていた時代。SNSで情報が拡散する今とは違って石川さんは親しい仲のタレントには仁義を通したし、時には是々非々で論じたという。

「でもね、二枚目俳優の大出俊さんは怒らせてしまった。交際女性について話を聞こうと自宅へ伺ったのですが、ドアが開いたと思ったら洗面器で水をバサッとかけられました。ピンポンピンポンと、あんまり鳴らし過ぎたかなぁ……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

  9. 9

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  10. 10

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る