石川敏男さん<2>週刊誌記者の頃に大出俊に水をかけられた

公開日:

 月給10万円につられて、石川さんは「女性セブン」(小学館)の専属記者に転身する。1971年、25歳の頃のことだ。

「まじめに原稿を書くと、1カ月に10万円にはなった。松竹の頃に見聞きしたエピソードを書いて関係がこじれた人もいましたが、週刊誌記者になったことですてきな出会いも生まれました。かけ出しの鳥羽一郎さんや山本譲二さんを雑誌で紹介してその後も付き合っていますし、前川清さんも貴重な友人のひとりです」

 記者とタレントが持ちつ持たれつの関係を築いていた時代。SNSで情報が拡散する今とは違って石川さんは親しい仲のタレントには仁義を通したし、時には是々非々で論じたという。

「でもね、二枚目俳優の大出俊さんは怒らせてしまった。交際女性について話を聞こうと自宅へ伺ったのですが、ドアが開いたと思ったら洗面器で水をバサッとかけられました。ピンポンピンポンと、あんまり鳴らし過ぎたかなぁ……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

もっと見る