石川敏男さん<3>年収2000万円の誘いが…「支度金も出た」

公開日:

「石川ちゃん、代わりにやってくれない?」

 出版社「主婦と生活社」で編集記者をしていた石川さんは、88年に芸能リポーターの梨元勝さん(2010年に65歳で死去)にこう声をかけられた。ちょうどその頃、梨元さんは日本テレビからテレビ朝日へ移籍。その後任として白羽の矢を立てられたのだ。

 それ以前にも石川さんは、週刊女性の記者として「ルックルックこんにちは」(日テレ系)にゲスト出演しており、まったく門外漢というわけではなかった。司会者の沢田亜矢子(69)とは、今も電話で連絡を取り合う仲だ。

「当時、僕は41歳。週刊誌の編集記者として年収は1000万円近くあったし、何の不自由も感じていなかった。ところが、日本テレビは出版社でもらっていた給料の2倍の2000万円を出すという。僕も少し調子に乗って、『支度金もあるんですよね?』とダメ元で聞いてみた。そしたら、プロデューサーが『出す』ってあっさり言うんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る