室井滋<下>役者として興味が持てる役が少なくなっている

公開日:  更新日:

 放送中のNHKドラマ「アイアングランマ2」(BSプレミアム、日曜22時~)では、シリーズ1に引き続き“人生初”の工作員役に挑んでいる。孫が生きがいの“アラ還ばあば”が、実は外交諜報活動で凄腕を発揮した「伝説の特殊捜査官」という役どころ。全速力で走り、屈強な男を相手に闘うシーンは苦労したかと思いきや――。

 昔取ったきねづかということか。中学では軟式テニス、高校は陸上部で体を慣らした青春時代を送ってきただけに、「スポ根気質で体を動かすことは好きなんです。役づくりを始めると、物語の本筋はそっちのけで楽しくなってしまうタイプ。プールに通って、水の中で腹筋200回といった筋力アップの特訓をやったのですが、苦に感じることはありませんでした」。

 アクション監督として有名な坂口拓氏に師事し、一瞬の小さな動きで相手を倒す実戦型のアクションを学んだ。アクションミステリーに求められる〈膨大なせりふ量を早口でしゃべる〉という“任務”も遂行した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る