室井滋<下>役者として興味が持てる役が少なくなっている

公開日: 更新日:

 特殊捜査官時代の相棒を演じる大竹しのぶとは、今ドラマで初共演。さぞ撮影は演技論で盛り上がったのだろうと思ったら、「食べ物やウワサ話に花を咲かせていた」と苦笑いする。意気投合し、プライベートでも一緒にご飯に行く仲になったというが、「実は大竹さん本人にもお話ししていない」マル秘エピソードがあるそうだ。

「学生時代、大竹さんが出演なさっていた作品でエキストラのバイトをしたことがあるんです。映画だったかドラマだったか忘れてしまったんですが、その撮影現場で『人気女優を見ちゃった~』なんて遠巻きにコーフンしていたことを覚えています。最初からスター街道を歩んでいらっしゃった方と、かたや大学に7年も通った揚げ句に中退した私。人生、なにがあるか分かりませんね」

 ベテランの域に入り、気付けば自分より若い世代に囲まれて仕事をする機会が多くなった。女優業には定年はないが、「形を変えていく必要はある」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  3. 3

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  9. 9

    志村けんさんの“サービス精神”女性に使った金額を尋ねたら

  10. 10

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

もっと見る