「ジャージー・ボーイズ」 TOKIOに通じるロック界の堕落論

公開日:

2014年 C・イーストウッド監督

「TOKIO」の山口達也が不祥事を起こし、グループの存続に関わる大問題となった。この騒動で思い出したのが本作。実在した音楽グループの繁栄と衰退を描いている。

 1961年、米ニュージャージー州の田舎町。理髪店見習いのフランキー(ジョン・ロイド・ヤング)は不良のトミーとニック、曲作りの才能があるボブらと「フォー・シーズンズ」を結成。「シェリー」が大ヒットしてスターになる。

 ところがリッチになった彼らの前にマフィアの集金人が現れる。トミーが15万ドルもの大金を借り、グループの資金にも手を付けていたのだ。メンバーの信頼関係はメタメタになり、グループは空中分解するのだった……。

「シェリー」は日本人にも馴染み深い曲。フランキーが歌った「君の瞳に恋してる」は、80年代にディスコでカバー曲を聞いて耳にタコができた人もいるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る