悪質タックルで思い浮かべた「ミリオンダラー・ベイビー」

公開日:

2004年 クリント・イーストウッド監督

 日大アメフト部の激烈タックルは監督の指示だったとか。この仁義なき戦いで思い浮かべたのが本作だ。アカデミー賞の作品賞と監督賞など4部門で受賞した。

 ロスでボクシングジムを赤字経営するフランキー(C・イーストウッド)とスクラップ(モーガン・フリーマン)の前にボクサー志望のマギー(ヒラリー・スワンク)が現れる。食堂の食べ残しを持ち帰るほど貧しい彼女はフランキーにトレーナーになってほしいと要請するが断られる。だがフランキーは彼女の試合を見ているうちにリングサイドで指示を出し、2人は師弟関係に。

 マギーは着々と勝ち続け、ついにチャンピオン「青い熊ビリー」とのタイトルマッチに臨む。試合で相手を追い詰めるが卑怯な一撃を受けて頚椎を損傷、全身麻痺に陥るのだった。

 フランキーもスクラップも老齢、31歳のマギーは昔風に言うと大年増だ。ハンディのある3人が目標に突き進む。娘に手紙を出すたびに突き返されるフランキーがマギーを指導する姿は、わが子に接しているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る