悪質タックルで思い浮かべた「ミリオンダラー・ベイビー」

公開日: 更新日:

2004年 クリント・イーストウッド監督

 日大アメフト部の激烈タックルは監督の指示だったとか。この仁義なき戦いで思い浮かべたのが本作だ。アカデミー賞の作品賞と監督賞など4部門で受賞した。

 ロスでボクシングジムを赤字経営するフランキー(C・イーストウッド)とスクラップ(モーガン・フリーマン)の前にボクサー志望のマギー(ヒラリー・スワンク)が現れる。食堂の食べ残しを持ち帰るほど貧しい彼女はフランキーにトレーナーになってほしいと要請するが断られる。だがフランキーは彼女の試合を見ているうちにリングサイドで指示を出し、2人は師弟関係に。

 マギーは着々と勝ち続け、ついにチャンピオン「青い熊ビリー」とのタイトルマッチに臨む。試合で相手を追い詰めるが卑怯な一撃を受けて頚椎を損傷、全身麻痺に陥るのだった。

 フランキーもスクラップも老齢、31歳のマギーは昔風に言うと大年増だ。ハンディのある3人が目標に突き進む。娘に手紙を出すたびに突き返されるフランキーがマギーを指導する姿は、わが子に接しているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る