悪質タックルで思い浮かべた「ミリオンダラー・ベイビー」

公開日: 更新日:

2004年 クリント・イーストウッド監督

 日大アメフト部の激烈タックルは監督の指示だったとか。この仁義なき戦いで思い浮かべたのが本作だ。アカデミー賞の作品賞と監督賞など4部門で受賞した。

 ロスでボクシングジムを赤字経営するフランキー(C・イーストウッド)とスクラップ(モーガン・フリーマン)の前にボクサー志望のマギー(ヒラリー・スワンク)が現れる。食堂の食べ残しを持ち帰るほど貧しい彼女はフランキーにトレーナーになってほしいと要請するが断られる。だがフランキーは彼女の試合を見ているうちにリングサイドで指示を出し、2人は師弟関係に。

 マギーは着々と勝ち続け、ついにチャンピオン「青い熊ビリー」とのタイトルマッチに臨む。試合で相手を追い詰めるが卑怯な一撃を受けて頚椎を損傷、全身麻痺に陥るのだった。

 フランキーもスクラップも老齢、31歳のマギーは昔風に言うと大年増だ。ハンディのある3人が目標に突き進む。娘に手紙を出すたびに突き返されるフランキーがマギーを指導する姿は、わが子に接しているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  6. 6

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る