おかず卵1個…映画監督・飯田譲治さんの上京後の極貧生活

公開日: 更新日:

 話題作として注目を集めた「NIGHT HEAD」「らせん」「アナザヘヴン」など映画、ドラマで演出を手掛け、映画監督、脚本家、小説家としても知られる飯田譲治さん(59)。ひもじい生活を卵1個でしのいだり、スリに遭ったりの上京後や助監督時代を語ってくれた。

■バイトの肉体労働は立ちんぼやウエーター

 18歳で東京に出てきて最初に住んだのは、亀戸駅から歩いて15分くらいのアパート。東京のことがまったく分からなかったから、“とにかく安いところ”と考え、家賃1万3000円の部屋に住みました。

 まさに極貧でしたねぇ。朝起きたら40円しかなくて、部屋にあるメシを炊いて、卵1個を買ってきてオカズにしてた。

 乾物屋で卵を10円か15円でバラ売りしていた時代。駅からアパートまでの道ですべての自動販売機のおつり口に手を入れて帰ったり。100円玉がたまに見つかると幸せでね。電車で“キセル”して100円を節約するのに必死でした。今はパスモだから若い人は分からないだろうけど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  10. 10

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

もっと見る