おかず卵1個…映画監督・飯田譲治さんの上京後の極貧生活

公開日:

 話題作として注目を集めた「NIGHT HEAD」「らせん」「アナザヘヴン」など映画、ドラマで演出を手掛け、映画監督、脚本家、小説家としても知られる飯田譲治さん(59)。ひもじい生活を卵1個でしのいだり、スリに遭ったりの上京後や助監督時代を語ってくれた。

■バイトの肉体労働は立ちんぼやウエーター

 18歳で東京に出てきて最初に住んだのは、亀戸駅から歩いて15分くらいのアパート。東京のことがまったく分からなかったから、“とにかく安いところ”と考え、家賃1万3000円の部屋に住みました。

 まさに極貧でしたねぇ。朝起きたら40円しかなくて、部屋にあるメシを炊いて、卵1個を買ってきてオカズにしてた。

 乾物屋で卵を10円か15円でバラ売りしていた時代。駅からアパートまでの道ですべての自動販売機のおつり口に手を入れて帰ったり。100円玉がたまに見つかると幸せでね。電車で“キセル”して100円を節約するのに必死でした。今はパスモだから若い人は分からないだろうけど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る