おかず卵1個…映画監督・飯田譲治さんの上京後の極貧生活

公開日: 更新日:

 話題作として注目を集めた「NIGHT HEAD」「らせん」「アナザヘヴン」など映画、ドラマで演出を手掛け、映画監督、脚本家、小説家としても知られる飯田譲治さん(59)。ひもじい生活を卵1個でしのいだり、スリに遭ったりの上京後や助監督時代を語ってくれた。

■バイトの肉体労働は立ちんぼやウエーター

 18歳で東京に出てきて最初に住んだのは、亀戸駅から歩いて15分くらいのアパート。東京のことがまったく分からなかったから、“とにかく安いところ”と考え、家賃1万3000円の部屋に住みました。

 まさに極貧でしたねぇ。朝起きたら40円しかなくて、部屋にあるメシを炊いて、卵1個を買ってきてオカズにしてた。

 乾物屋で卵を10円か15円でバラ売りしていた時代。駅からアパートまでの道ですべての自動販売機のおつり口に手を入れて帰ったり。100円玉がたまに見つかると幸せでね。電車で“キセル”して100円を節約するのに必死でした。今はパスモだから若い人は分からないだろうけど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る