中卒で上京…船木誠勝の原点は母の3万円と親父への反発心

公開日:

 新日本プロレス、UWF、プロフェッショナルレスリング藤原組を経て、パンクラスを設立し活躍したプロレスラーの船木誠勝さん(48)。3年前からフリーになったが、これまで厳しいトレーニングに耐え戦ってくることができたのは、故郷・青森での貧しくつらい子供時代があったからだ。

 ◇  ◇  ◇

 中学を出てすぐに上京し、アントニオ猪木さんが立ち上げた新日本プロレスに入団しました。

 青森県弘前市で生まれ育ちましたが、小学校6年の時に父親が家を出て両親は離婚。母親が裁縫の仕事をして育ててくれました。周りには中学を出てすぐに働いている友達もいたので、オレも中学を出たら働こう、プロレスラーになろうと中学2年から思っていました。プロレスが好きだったし、砲丸投げで自分なりに鍛えていたので。


 オヤジはバスの運転手でした。ギャンブルが凄く好きで、競輪で勝って一時期は家を2軒持っていて、1軒を他人に貸すほど羽振りがよかった。でも、すぐにうまくいかなくなったんでしょうね。借金して、ギャンブルにつぎ込んで負けて、取り返そうとまた借金して……。夕方になると毎日、借金取りがウチに来ていました。母親が対応して、小学生だった自分は何もできずただ見ているしかない。貧しさより自分の無力さが悔しくてつらくて、今も思い出すほどです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る