• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

 AKB総選挙は松井珠理奈(21/SKE)の勝利に終わったが、余波はまだ続いている。3位の宮脇咲良(20/HKT)が総選挙後の1位から16位までの選抜メンバー集合撮影に現れなかった。この件について、松井が宮脇のダンスに対する姿勢について指摘したことが原因と一部報道された。一方の松井も19日に地元・名古屋で予定されていた「松井珠理奈生誕祭」を体調不良のため延期と話題に事欠かない。

 現場を取材したアイドル評論家の北川昌弘氏は「プレッシャーが大きかったのは松井さんも同じ。選挙前のコンサート中に倒れたのは“絶対に1位をとらなければ”という気負いがあったからで、ダメージは双方にあったといえる。とはいえ、『ヒール・松井VSベビーフェース・宮脇』というドラマ『豆腐プロレス』の構図が今後を盛り上げていくのではないでしょうか」と分析する。

 松井はSKEの1期生で、11歳から総選挙に10回連続出場、10回連続で選抜メンバー入りしている極めてまれな存在。ダンスに注力しているSKE育ちの松井なら、宮脇にそんな厳しい意見を言うのも想像に難くない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る