AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

公開日:

 AKB総選挙は松井珠理奈(21/SKE)の勝利に終わったが、余波はまだ続いている。3位の宮脇咲良(20/HKT)が総選挙後の1位から16位までの選抜メンバー集合撮影に現れなかった。この件について、松井が宮脇のダンスに対する姿勢について指摘したことが原因と一部報道された。一方の松井も19日に地元・名古屋で予定されていた「松井珠理奈生誕祭」を体調不良のため延期と話題に事欠かない。

 現場を取材したアイドル評論家の北川昌弘氏は「プレッシャーが大きかったのは松井さんも同じ。選挙前のコンサート中に倒れたのは“絶対に1位をとらなければ”という気負いがあったからで、ダメージは双方にあったといえる。とはいえ、『ヒール・松井VSベビーフェース・宮脇』というドラマ『豆腐プロレス』の構図が今後を盛り上げていくのではないでしょうか」と分析する。

 松井はSKEの1期生で、11歳から総選挙に10回連続出場、10回連続で選抜メンバー入りしている極めてまれな存在。ダンスに注力しているSKE育ちの松井なら、宮脇にそんな厳しい意見を言うのも想像に難くない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る