視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

公開日: 更新日:

 AKB48の選抜総選挙で、関係者にとって今年最大の衝撃は過去最低の視聴率という声が上がっている。ビデオリサーチによると、16日にフジテレビ系で生中継された開票イベントは、番組後半の平均視聴率が11.0%(関東地区=以下同)となり、昨年の13・2%から2・2ポイントダウンしたほか、過去7年間の同局中継で最低の数字だったからだ。

 瞬間最高はHKT48の宮脇咲良(20)が3位と発表された場面で13.8%。昨年、史上初の3連覇を果たした指原莉乃(25)と同じグループの4連覇を掲げて臨んだがかなわず、「さっしー(指原)、ごめんなさい」と涙ながらに頭を下げた。得票数では1位のSKE48の松井珠理奈(21)に及ばなかった宮脇。瞬間視聴率では最高だったわけだが……。スポーツ紙芸能記者が言う。

「松井は毎年のように『1位になる』と宣言しながら手が届かず。地元名古屋での開票イベントには並々ならぬ決意を持って臨んでいました。まさに悲願の女王ともいえ、それなりにドラマがあり盛り上がったのですが、第3回で前田敦子(26)が『私のことは嫌いでも、AKBは嫌いにならないでください』と泣き叫んだ当時のような、社会現象ともいえる注目度も勢いもない。マンネリになっているのかも知れません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  8. 8

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  9. 9

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  10. 10

    スカウト部長は佐々木絶賛も…巨人ドラ1逡巡に原監督の影

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る