井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

沼地に首まで嵌っていく“カジノ狂い”が増えるのは明らかだ

公開日: 更新日:

 本格的な梅雨に入ったか、頭痛がして嫌だ。低気圧のせいだとか。気分もスッキリしない。だから、気晴らしにと思っても、コンビニ映画館のシネコンじゃ、映画らしい映画がまるでない。昔のマフィア物や復讐劇、早い話が「ゴッドファーザー」や「許されざる者」、刑事物なら「フレンチ・コネクション」、西部劇なら「夕陽の群盗」とか、3日ぐらいはいい気分でいられる映画がまるで見当たらなくなってしまったのが癪に障る。

 え? だったら、自分で作ってみせてくれってか? まあそうなんだけど、スポンサーが簡単には集まらないんだわ。井上ひさし氏の傑作冒険小説「下駄の上の卵」の映像化権を預かっていて、今、企画開発中なんだけど、総製作費が6億円となると、なかなか出資会社たちが寄ってきてくれなくて。でも、話は「敗戦直後の米よこせデモ」と「焼け跡闇市の時代」の群像劇なので、むしろ“スマホ”と“コンビニ”と“シネコン”と“ド格差”のご時世だからこそ共感してもらえて大当たりすると思ってんだけど、まあ、それもこっちの勝手な思い込みか。だから、映画こそ大博奕だ。小生があらゆるギャンブルに手を出さない理由でもあるのだけど……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る