井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

沼地に首まで嵌っていく“カジノ狂い”が増えるのは明らかだ

公開日:

 本格的な梅雨に入ったか、頭痛がして嫌だ。低気圧のせいだとか。気分もスッキリしない。だから、気晴らしにと思っても、コンビニ映画館のシネコンじゃ、映画らしい映画がまるでない。昔のマフィア物や復讐劇、早い話が「ゴッドファーザー」や「許されざる者」、刑事物なら「フレンチ・コネクション」、西部劇なら「夕陽の群盗」とか、3日ぐらいはいい気分でいられる映画がまるで見当たらなくなってしまったのが癪に障る。

 え? だったら、自分で作ってみせてくれってか? まあそうなんだけど、スポンサーが簡単には集まらないんだわ。井上ひさし氏の傑作冒険小説「下駄の上の卵」の映像化権を預かっていて、今、企画開発中なんだけど、総製作費が6億円となると、なかなか出資会社たちが寄ってきてくれなくて。でも、話は「敗戦直後の米よこせデモ」と「焼け跡闇市の時代」の群像劇なので、むしろ“スマホ”と“コンビニ”と“シネコン”と“ド格差”のご時世だからこそ共感してもらえて大当たりすると思ってんだけど、まあ、それもこっちの勝手な思い込みか。だから、映画こそ大博奕だ。小生があらゆるギャンブルに手を出さない理由でもあるのだけど……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る