片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

反原発ソング発売中止への怒りがタイマーズを誕生させた

公開日: 更新日:

「♪『日本の原発は安全です』 さっぱりわかんねえ 根拠がねえ」

 RCサクセションは1988年8月リリースのアルバム「カバーズ」で反核・反原発を歌い上げた。残念ながら、2011年の東日本大震災で清志郎が危惧した通りの結末を迎えてしまう。

「当時、原発について人々の関心は薄かったと思います。清志郎さんはジャーナリストの広瀬隆の原発関連書籍を熱心に読んでいました」

 清志郎は「カバーズ」からシングルカットしたA面で、エルビス・プレスリーの名曲「ラブ・ミー・テンダー」の甘いメロディーに乗せ、「♪巧みな言葉で一般庶民をだまそうとしても ほんの少しバレてる」と歌い、B面の「サマータイム・ブルース」では、「♪東海地震もそこまで来てる だけどもまだまだ増えていく」と放射能への懸念を伝えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

もっと見る