柳亭こみちさん<1>「採用試験を受けさせて」と手紙出した

公開日:

 歯切れのいい口調の古典落語でファンを魅了するこみちさんは、落語協会で6人目の女性噺(はなし)家だ。2003年に柳亭燕路に入門し、昨年9月に真打ちに昇進。その実力は二つ目の時代から知られるところで、今後の活躍が大いに期待されているが、もともとは出版社で営業をやっていた。

 早大第二文学部を卒業した1999年は就職氷河期の真っただ中だった。希望は出版社かラジオ局だったが、エントリーシートの段階で門前払い。首尾よく面接に進んでも最終で落とされる。それでも2社から内定をもらえたが、満足はできなかった。

「何としてもここで働きたい、と燃えられる会社じゃなかったんですよ。就職活動でテーマにしていたのは、日本人と外国人の心の交流です。外国の文化や書籍を紹介したり販売したりする仕事をしたかったんです。それでエントリーシートにも、アジア人と欧米人、黒人が手をつないでいる絵を描いたりして。面接では、いろんな人と仲良くなるのは楽しいんだって伝えていきたいって、“みんなで楽しく世界平和”みたいなことを訴えました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る