柳亭こみちさん<1>「採用試験を受けさせて」と手紙出した

公開日:

 歯切れのいい口調の古典落語でファンを魅了するこみちさんは、落語協会で6人目の女性噺(はなし)家だ。2003年に柳亭燕路に入門し、昨年9月に真打ちに昇進。その実力は二つ目の時代から知られるところで、今後の活躍が大いに期待されているが、もともとは出版社で営業をやっていた。

 早大第二文学部を卒業した1999年は就職氷河期の真っただ中だった。希望は出版社かラジオ局だったが、エントリーシートの段階で門前払い。首尾よく面接に進んでも最終で落とされる。それでも2社から内定をもらえたが、満足はできなかった。

「何としてもここで働きたい、と燃えられる会社じゃなかったんですよ。就職活動でテーマにしていたのは、日本人と外国人の心の交流です。外国の文化や書籍を紹介したり販売したりする仕事をしたかったんです。それでエントリーシートにも、アジア人と欧米人、黒人が手をつないでいる絵を描いたりして。面接では、いろんな人と仲良くなるのは楽しいんだって伝えていきたいって、“みんなで楽しく世界平和”みたいなことを訴えました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る