城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

関ジャニ∞渋谷すばる 異例の脱退会見にジャニーズの戦略

公開日: 更新日:

 関ジャニ∞の渋谷すばる(36)がグループを脱退し、所属のジャニーズ事務所も退所するという話題が大きく報じられた。

 それも当然、トップアイドルグループのメインボーカルがやめるとなれば、今後のことも含めて大変な事態なのだ。関ジャニ∞は、テレビのバラエティーではグループで、また単体としての露出度も高く、彼らがメインの番組もある。さらに俳優として活躍するメンバーもいる。

 そんな中で、彼らの歌の部分、コンサートでの中心となっているのが渋谷すばるだ。渋谷はソロでもデビューしており、アルバムも売れ、単独コンサートでも実績を挙げている。両立している彼の脱退に「なぜ、どうして」という疑問が出てくるのが当たり前だ。

 関ジャニ∞は、メンバーがこの問題について1時間に及ぶ記者会見を開いた。ボーカリストとして評価されていることを知っている渋谷は、「メンバーに支えられ、甘えさせてもらい、ボーカルをやってきたが、35歳を過ぎてから人生半分くらいきたのかと考え、この先は自分の責任でどこまで音楽をやれるのか、人生をかけてみたい」と気持ちを語っていた。あれだけ歌をやってきたのだが、音楽の専門的な勉強をちゃんとしてきていないという思いが強かったという。2カ月間、メンバーとも話し合いを続けてきたが、「一から音楽をやりたい」と決意されては、メンバーも最終的に「後押しするしかない」と決断するしかなかったわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る