• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

関ジャニ∞渋谷すばる 異例の脱退会見にジャニーズの戦略

 関ジャニ∞の渋谷すばる(36)がグループを脱退し、所属のジャニーズ事務所も退所するという話題が大きく報じられた。

 それも当然、トップアイドルグループのメインボーカルがやめるとなれば、今後のことも含めて大変な事態なのだ。関ジャニ∞は、テレビのバラエティーではグループで、また単体としての露出度も高く、彼らがメインの番組もある。さらに俳優として活躍するメンバーもいる。

 そんな中で、彼らの歌の部分、コンサートでの中心となっているのが渋谷すばるだ。渋谷はソロでもデビューしており、アルバムも売れ、単独コンサートでも実績を挙げている。両立している彼の脱退に「なぜ、どうして」という疑問が出てくるのが当たり前だ。

 関ジャニ∞は、メンバーがこの問題について1時間に及ぶ記者会見を開いた。ボーカリストとして評価されていることを知っている渋谷は、「メンバーに支えられ、甘えさせてもらい、ボーカルをやってきたが、35歳を過ぎてから人生半分くらいきたのかと考え、この先は自分の責任でどこまで音楽をやれるのか、人生をかけてみたい」と気持ちを語っていた。あれだけ歌をやってきたのだが、音楽の専門的な勉強をちゃんとしてきていないという思いが強かったという。2カ月間、メンバーとも話し合いを続けてきたが、「一から音楽をやりたい」と決意されては、メンバーも最終的に「後押しするしかない」と決断するしかなかったわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る