井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキ

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

「乳首みせろ」便乗愉快犯まで登場した石田ゆり子のケース

公開日:

 思い立って服飾店に入った石田ゆり子。ゆっくりと、自分と対話しながら品定めしたいのに、店員からあれこれ話しかけられると疲れてしまう――。5月7日、そんな素直な気持ちをSNSに投稿したところ、思わぬ炎上騒ぎに巻き込まれてしまった。なにしろ、賛否を合わせ、付いたコメントの数が1000件以上。一説では総計5000件を超えたというから凄まじい荒れっぷりだ。

 石田の投稿に対しポツポツとコメントが付きだした頃、「店員の気持ちになれ」と書き込みがなされ、これが合図となったかのように批判が一斉に押し寄せた。ただ、その中身はといえば文字どおりの玉石混交で、単に有名人を吊るし上げて憂さ晴らしをしたいだけ、炎上してるから便乗して暴れたいだけというものが擁護よりも目についた。

「接客の仕事を全否定されているようで悲しい」といったものに代表される、現実のショップ店員や販売員から落胆の声が寄せられるのは、まだ理解できる。「仕事でやってるんだから、わざわざ書かなくても」と諭すようなのも、まあ、わからなくはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る