• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキ

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

「乳首みせろ」便乗愉快犯まで登場した石田ゆり子のケース

 しかし、「ぶりっこというか、いい女気取り」「偉そうに自分語り、意見表明するなよ」「嫌ならネットで買っとけ」などと、人格を否定したり、単なる悪口雑言を書き込むのは、不快の連鎖を生むだけでいただけない。

 さらには、明らかに炎上に便乗する愉快犯もいた。典型的だったのが、「これはヌードで詫びるしかない」「まず乳首みせろ」というもの。ヌードになるかどうかは、石田の記事にも販売員の接客にも、どちらにもまるで関係がない。

 こうした当を得たもの、得ないものがゴチャ混ぜになったまま、1000以上も同時多発的に書き込まれたことで、論点が次第にボケていく。「接客業に自分勝手なクレームを入れる石田」への批判と、最近の接客そのものに対する不満とがゴチャ混ぜに羅列されていったのである。もちろん、双方のコメントが本当の意味で交わることはなく、混沌として、いつしか荒れるだけの状態になっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る