二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

キーワードは癒し 石田ゆり子エッセーが20万部突破の理由

公開日:

 石田ゆり子(48)のフォトエッセー「Lily」(文芸春秋刊)がすでに20万部を超える大ヒットを記録している。

 石田の素顔と愛猫の写真に日頃、思っていることなどをつづった「やさしい本」。老若男女問わず幅広い層に売れている。出版関係者は、「さほど宣伝したわけでもなく売れたのは石田が潜在的に持っている魅力だろう」と分析する。

 タレント本の歴史は古い。アイドル全盛期はファン向けのエッセー本が主力だったが、ファン以外は無関心なのが難点だった。そこで表れたのが、「ベストセラーを狙うなら核心に迫った話も必要」(旧知の編集者)と、ある種の自己暴露本。その先駆者的な存在になったのがトップアイドルだった山口百恵さん。「結婚→引退」を機に出版した「蒼い時」だった。

 複雑な生い立ちから三浦友和との結婚までをつづった内容は大反響を呼び200万部を超す爆発的なヒットとなった。第二の百恵本に関心も向いたが、「触れたくない話をさらけ出す心のヌード」を覚悟できるネームバリューのある人はそういない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る