小島一慶さん<3>永六輔さんに喜んでもらうため喋っていた

公開日:

「いま考えると、仕事なのか遊びなのか、判然としない面白さがあったような気がします」

 1970年から小島さんは深夜ラジオ「パックインミュージック」の月曜深夜(日付は火曜)を担当。放送は365回、7年にわたった。

「最初は大村麻梨子さんの後任で金曜日を半年ほど任せられたのですが、そのうち桂三枝(現・文枝)さんとやっていた『ヤングタウンTOKYO』の評判がよかったのか、パックの火曜に抜擢された格好です。当時のパックは人気絶大で、1週間に2000~3000通のリクエストはがきが来ました。なので、放送は深夜の0時半からなのに僕はお昼ぐらいにはスタジオに入って、ひたすらはがきを読んでいました。当時、『トッポ・ジージョ』の声優をやっていた山崎唯さんが突然電話してきて、『奥さんの久里千春さんと雪見酒をやっているから出してくれ』と言ってきたりと、生放送ならではのいろんなことがありましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  9. 9

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  10. 10

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

もっと見る