小島一慶さん<3>永六輔さんに喜んでもらうため喋っていた

公開日:

「いま考えると、仕事なのか遊びなのか、判然としない面白さがあったような気がします」

 1970年から小島さんは深夜ラジオ「パックインミュージック」の月曜深夜(日付は火曜)を担当。放送は365回、7年にわたった。

「最初は大村麻梨子さんの後任で金曜日を半年ほど任せられたのですが、そのうち桂三枝(現・文枝)さんとやっていた『ヤングタウンTOKYO』の評判がよかったのか、パックの火曜に抜擢された格好です。当時のパックは人気絶大で、1週間に2000~3000通のリクエストはがきが来ました。なので、放送は深夜の0時半からなのに僕はお昼ぐらいにはスタジオに入って、ひたすらはがきを読んでいました。当時、『トッポ・ジージョ』の声優をやっていた山崎唯さんが突然電話してきて、『奥さんの久里千春さんと雪見酒をやっているから出してくれ』と言ってきたりと、生放送ならではのいろんなことがありましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る