小島一慶さん<2>サラリーマンというのは上司次第ですね

公開日:

 TBSに入社して最初の上司は、アナウンス室長の小坂秀二さん(03年没)だった。

「軍医として軍隊を経験していますから、きっちりとされた方でした。眼高手低で、理想ばかり高くて実力が伴わないのでは意味がないと諭され、ただうまいだけのアナウンサーにはなるな、いいアナウンサーになれと教えられました。いいアナウンサーとは人間性も含めての意味です。また、先輩であっても『批判的に見なさい』とも。小坂さんは、自分の職業を略すバカがあるかといってアナではなく、アナウンサーときっちり発音したし、自分たちが使う道具を略す道理があるかといって、マイクもマイクロホンと正しく言った。だから僕も三つ子の魂で、アナウンサー、マイクロホンと、きっちりしゃべってしまいますね」

 小坂さんはTBS退社後、相撲評論家としても活躍した好角家だが、双葉山を“第35代”横綱と呼ぶと、「何代目と呼ぶのは、先代が死去したり引退して名跡を引き継ぐ場合だ。正しくは35番目の横綱と呼ぶべきだ」と語っていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  6. 6

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  7. 7

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  8. 8

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  9. 9

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  10. 10

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

もっと見る