小島一慶さん<2>サラリーマンというのは上司次第ですね

公開日:

 TBSに入社して最初の上司は、アナウンス室長の小坂秀二さん(03年没)だった。

「軍医として軍隊を経験していますから、きっちりとされた方でした。眼高手低で、理想ばかり高くて実力が伴わないのでは意味がないと諭され、ただうまいだけのアナウンサーにはなるな、いいアナウンサーになれと教えられました。いいアナウンサーとは人間性も含めての意味です。また、先輩であっても『批判的に見なさい』とも。小坂さんは、自分の職業を略すバカがあるかといってアナではなく、アナウンサーときっちり発音したし、自分たちが使う道具を略す道理があるかといって、マイクもマイクロホンと正しく言った。だから僕も三つ子の魂で、アナウンサー、マイクロホンと、きっちりしゃべってしまいますね」

 小坂さんはTBS退社後、相撲評論家としても活躍した好角家だが、双葉山を“第35代”横綱と呼ぶと、「何代目と呼ぶのは、先代が死去したり引退して名跡を引き継ぐ場合だ。正しくは35番目の横綱と呼ぶべきだ」と語っていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る