レイザーラモンHG住谷正樹さん<1>「コープこうべ」に内定

公開日:

 スーツをビシッと着こなしたHGさん(42)。ここ5年は、相方のRGさんと漫才を軸に活動している。当面の目標は「上方漫才大賞」だ。

「この格好もやっと馴染んできましたが、劇場の出番をもらえるようになった当初は、スーツで出ると会場がざわざわしましたね。『フォー』と叫んでいた頃のキャラのイメージが強烈すぎて、『レイザーラモンって、あの?』って。ネタを全然聞いてもらえない時期もありました」

 お笑いコンビのレイザーラモンを結成したのは1997年。同志社大のHGさんと立命館大のRGさんは、学生プロレスの興行で知り合った。当時、プロレスラーになる夢も抱いたという。

「高校(加古川東)は進学校だったので大学にも行くものだと思っていました。その頃は特別にこれって言えるような夢は持っていなかったけど、学生プロレスもやったことで、プロレスラーに憧れましたね。一緒にプロレスをやっていた相方と同じ立命館大の1つ後輩に、新日本プロレスで活躍されている棚橋弘至選手がいます。彼は『プロレスラーになるんだ』と公言していて、僕が3回生の時に入団テストを受けに行っていました。運動能力も高くて体格も良かったんですが、2回落ちていて。『あ、彼でも難しいんだ』と。あの棚橋も入れないなら無理だと諦めました。それで就職活動をしたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る