宇多田ヒカルに新恋人? 気になる左手薬指のリングの意味

公開日: 更新日:

 16日夜はテレビとラジオでそれぞれ特集が組まれ、メディアジャック状態であった。シンガー・ソングライターの宇多田ヒカル(35)のこと。前作「Fantome」から1年9カ月ぶりのリリースとなったニューアルバム「初恋」(6月27日発売)のプロモーションの一環で、14日には「音楽の日」(TBS系)にも出演していた。

 現在はロンドンを拠点に活動する平成の歌姫だが、聴く人の琴線に触れる楽曲を提供するだけでなく、折に触れ、私生活の話題も振りまいてくれる。たとえば、一夜限りの復活パーソナリティーを務めた「宇多田ヒカルのトレビアン・ボヘミアン」(J―WAVE)では、同アルバムの収録曲「パクチーの唄」にコーラスの一員として、15年7月に出産した長男が“飛び入り参加”したことを告白。

 NHKのドキュメンタリー「プロフェッショナル 仕事の流儀」では〈宇多田ヒカル、創作の舞台裏と素顔に密着!〉と題し、音楽制作の現場を初公開。外国人スタッフらに流ちょうな英語で意思表示したり、時には涙する様子が映し出された。カメラはスタジオだけでなく、今年1月からスタートしたレコーディングの3カ月前、自宅でPCや機材に囲まれてひとり、悶々と作業する姿も押さえていたのだが、よ~く見ると宇多田の身に“ある異変”が……。レコーディングが始まって数日が経った彼女の左手薬指には、それまではなかったキラリと光る指輪がはめられているではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  2. 2

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

もっと見る