不倫報道の華原朋美も…夢もカネもない芸能界は社会の縮図

公開日: 更新日:

 熱愛も世につれ、だ。四十路になった華原朋美が70代の上場企業会長との不倫で騒がれている。小室哲哉をはじめ、関係を持った相手は数知れず、最近では恋愛体質と形容される華原だが、小室プロデュースでヒット曲を連発していた当時はアーティストとして見られていた。しかし小室と破局した直後の2000年、日本テレビ系「進ぬ!電波少年」の企画で全米デビューを目指し、7カ月間にわたってアメリカ滞在した際は、同行スタッフの男と仲良くなり、夜に華原の方から男の部屋をノックして、入って行ったそうだ。その事実関係はともかく、「あのアイドル歌手が?」と、テレビ局内でわれわれ男たちは色めき立った。それが今だったらどうか。「朋ちゃんなら、さもありなん。いいんじゃねえの」程度で終わり、話題にもならないだろう。

 最近では吉田栄作と内山理名の交際が話題になった。50歳になる俳優と、36歳の女優。今なら普通かも知れないが、ちょっと前まで、50歳は一線を退きはじめた存在というイメージであった。今はそうではない。これは中高年の男には朗報と捉えるべきだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る