不倫報道の華原朋美も…夢もカネもない芸能界は社会の縮図

公開日: 更新日:

 熱愛も世につれ、だ。四十路になった華原朋美が70代の上場企業会長との不倫で騒がれている。小室哲哉をはじめ、関係を持った相手は数知れず、最近では恋愛体質と形容される華原だが、小室プロデュースでヒット曲を連発していた当時はアーティストとして見られていた。しかし小室と破局した直後の2000年、日本テレビ系「進ぬ!電波少年」の企画で全米デビューを目指し、7カ月間にわたってアメリカ滞在した際は、同行スタッフの男と仲良くなり、夜に華原の方から男の部屋をノックして、入って行ったそうだ。その事実関係はともかく、「あのアイドル歌手が?」と、テレビ局内でわれわれ男たちは色めき立った。それが今だったらどうか。「朋ちゃんなら、さもありなん。いいんじゃねえの」程度で終わり、話題にもならないだろう。

 最近では吉田栄作と内山理名の交際が話題になった。50歳になる俳優と、36歳の女優。今なら普通かも知れないが、ちょっと前まで、50歳は一線を退きはじめた存在というイメージであった。今はそうではない。これは中高年の男には朗報と捉えるべきだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  8. 8

    公立福生病院の透析中止と麻生氏の弱者に対する罵詈雑言

  9. 9

    我々は“トモダチ”が健康被害で苦しんでいることを知るべき

  10. 10

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

もっと見る