クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

白い嵐(1996年・米国)

公開日:

 1961年、若き訓練生らを乗せた帆船アルバトロス号がバミューダ海域で伝説の“白い嵐”に遭遇。生徒を含む6人(劇中では4人)の犠牲者を出す。実話の海難事故がベースだ。

 海洋アカデミーに初参加した17歳の少年チャックを中心に、多感な年頃の少年らが大海原で鍛えられ、友情を深める。その過程がすがすがしい映像で描かれていて、ほろ苦い青春映画になっている。「エイリアン」や「テルマ&ルイーズ」で知られるリドリー・スコット監督はCM畑出身だけに、とにかくキレイな仕上がりだ。

 それゆえ後半30分の不慮の災難で大切な仲間や船長の妻を目の前で失うシーンは、胸が締めつけられるだろう。劇場では涙した人が多かったそうだ。

 死者を出したことで少年たちが心から慕う船長は裁判にかけられる。法廷では少年の責任も厳しくチェックされるが、「10代の少年に責任を問うのはおかしい。罪はオレ一人にある」と海の男らしく潔く全責任を負う。どこぞの大学の理事長とは大違いだ。名優ジェフ・ブリッジスが、頼れる船長を渋く好演している。

 生き残った少年らはベトナム戦争に駆り出されるも、船長の教えもあって無事帰国。船長も医療関係者として戦地に赴いたという。そんなエピソードが流れるラスト、チャックの独白が。セリフは、その一節。最後まで飽きることなく見入ってしまう秀作だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る