「セルピコ」 腐敗警官どもに1人で立ち向かい孤立していく

公開日:

1973年 シドニー・ルメット監督

「十二人の怒れる男」「未知への飛行」などの社会派監督、S・ルメットがメガホンを取った問題作。今月29日にKADOKAWAからBDが発売される。

 ニューヨーク市警の刑事セルピコ(アル・パチーノ)が捜査中に顔を銃撃され、病院に担ぎ込まれた。実はセルピコは市警の腐敗ぶりを告発し、同僚刑事たちに恨まれていた。

 彼は警察学校を卒業して警官になるが、警察では暴力的な取り調べやヤクザからの賄賂の徴収が横行。それも殴る蹴るしてカネをもぎ取る。セルピコはそうした悪に染まらず、賄賂の分け前を頑として受け取らない。そのため周囲の悪徳警官から目障りな存在となり、孤立していく。

 彼は警視に現状を告発するが、警視は「忘れろ」と言い放つ。次にNY市への告発に動くも、市長は暴動が起きたときに備えて警察と揉め事を起こしたくないという理由で受け付けない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る