シャネルも認めた? キムタク次女コウキのインスタ発信力

公開日:

 Cことシャネルは「ブランドバリューを重んじ、インフルエンサーも厳選するブランド」(ファッションライター)として有名なんだとか。仮にコウキが、値段もイメージも高値安定の“広告塔”だとしたら大したもんである。

 オールアバウト・ファッションガイドを務めるファッションジャーナリストの宮田理江氏は「あくまで一般論」と前置きした上で、こう言う。

「近頃はインスタグラムで自撮り写真を公開するモデルやインスタグラマーが増えており、さまざまなブランドが有名無名、プロアマ問わず、商品を提供している場合もあります。また有力ブランドはモデルの将来性を見抜く能力が高く、常にネクストトップモデルを懸命に探しており、実績を積む前の段階で関係を深めたいと考えるケースも多いといわれています」

 おまけに「口紅はシャネルだけれど、サングラスはブルガリ」(前出のファッション関係者)とハイブランドを“両刀”で身に付ける大物ぶり。恐るべし、15歳だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る