コース外で車の渋滞が 超人みやぞん“100kmマラソン”に密着

公開日:

 東京都心でも最高気温36度超えの猛暑日。そんな殺人的な暑さの中で敢行されたみやぞんの100キロマラソンだったが、炎天下の中でも予定より1時間以上あった遅れを40分も縮め、20分遅れまでリカバリーする超人的な身体能力を見せつけた。途中、みやぞんを路上で追走するある“追跡組”のSNSでは〈時間内ゴールは不可〉という投稿もあったが、それでも番組放送中の20時45分にガッツポーズでゴールし、喜びを語ったのだから大したもの。もちろん、“一億総監視社会”のご時世だ。途中で車でワープしてチョロまかしたりできない。

 むしろ、へばっていたのは沿道で声援を送る観客や追走組だった。日刊ゲンダイ記者もみやぞんに声援を送るべく、26日13時過ぎ、武蔵野市に入ったあたりから追走を開始した。だが、ちょっと歩いただけでも汗が噴き出るところに、アスファルトの照り返し。熱中症に怯えるあまり、熱中できない……。命に関わるため、近くの喫茶店に入ってバナナジュースを頼む。少し落ち着いたところでSNSを見ると、自転車で追跡する人たちも暑さにやられて途中で脱落したもよう。そりゃそうだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る