コース外で車の渋滞が 超人みやぞん“100kmマラソン”に密着

公開日: 更新日:

 東京都心でも最高気温36度超えの猛暑日。そんな殺人的な暑さの中で敢行されたみやぞんの100キロマラソンだったが、炎天下の中でも予定より1時間以上あった遅れを40分も縮め、20分遅れまでリカバリーする超人的な身体能力を見せつけた。途中、みやぞんを路上で追走するある“追跡組”のSNSでは〈時間内ゴールは不可〉という投稿もあったが、それでも番組放送中の20時45分にガッツポーズでゴールし、喜びを語ったのだから大したもの。もちろん、“一億総監視社会”のご時世だ。途中で車でワープしてチョロまかしたりできない。

 むしろ、へばっていたのは沿道で声援を送る観客や追走組だった。日刊ゲンダイ記者もみやぞんに声援を送るべく、26日13時過ぎ、武蔵野市に入ったあたりから追走を開始した。だが、ちょっと歩いただけでも汗が噴き出るところに、アスファルトの照り返し。熱中症に怯えるあまり、熱中できない……。命に関わるため、近くの喫茶店に入ってバナナジュースを頼む。少し落ち着いたところでSNSを見ると、自転車で追跡する人たちも暑さにやられて途中で脱落したもよう。そりゃそうだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  8. 8

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  9. 9

    為末大と大迫傑が噛みついた「箱根駅伝」解体の“Xデー”

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る