コース外で車の渋滞が 超人みやぞん“100kmマラソン”に密着

公開日: 更新日:

 東京都心でも最高気温36度超えの猛暑日。そんな殺人的な暑さの中で敢行されたみやぞんの100キロマラソンだったが、炎天下の中でも予定より1時間以上あった遅れを40分も縮め、20分遅れまでリカバリーする超人的な身体能力を見せつけた。途中、みやぞんを路上で追走するある“追跡組”のSNSでは〈時間内ゴールは不可〉という投稿もあったが、それでも番組放送中の20時45分にガッツポーズでゴールし、喜びを語ったのだから大したもの。もちろん、“一億総監視社会”のご時世だ。途中で車でワープしてチョロまかしたりできない。

 むしろ、へばっていたのは沿道で声援を送る観客や追走組だった。日刊ゲンダイ記者もみやぞんに声援を送るべく、26日13時過ぎ、武蔵野市に入ったあたりから追走を開始した。だが、ちょっと歩いただけでも汗が噴き出るところに、アスファルトの照り返し。熱中症に怯えるあまり、熱中できない……。命に関わるため、近くの喫茶店に入ってバナナジュースを頼む。少し落ち着いたところでSNSを見ると、自転車で追跡する人たちも暑さにやられて途中で脱落したもよう。そりゃそうだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る