コース外で車の渋滞が 超人みやぞん“100kmマラソン”に密着

公開日:

 8月の最終土日はほぼ毎年、高円寺周辺で「東京高円寺阿波おどり」が開催されている。昨年、チャリティーランナーだったブルゾンちえみ(28)と、みやぞんは共に会場からそう遠くない沿道を走ったのだが、「そこかしこで通行止めや渋滞が起きる。正直、24時間テレビは迷惑」(近隣住民)という声も聞こえてきた。

 阿波踊りの会場となる高円寺駅前には日テレと読売とスポーツ報知の社旗がはためいていた。祭りを後援するなら、マラソンのコース選びにも気を使った方がいいんじゃないかと毒づきたくもなる。ただでさえ、コース付近の別の道でも車の渋滞が勃発。みやぞん待ちのやじ馬が車で駆けつけ列をなしていたのだが、興味のない地元民にとっては迷惑千万だろう。

 そんな外野の雑音もなんのその、残り10キロを切り、佳境に入ったみやぞん。伴走スタッフたちのイッチ、ニ、イッチ、ニという掛け声に合わせ、かなりのスピードで飛ばしていく。グーグルマップで見ると武道館への到着時間は余裕のよっちゃん。最終的に103キロ以上を完走したというから、いやはや。超人、みやぞん。次の目標は東京五輪にしたほうがいいんじゃないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る