浜崎あゆみへの期待と重圧 求められるのは安室の“穴埋め”

公開日:

 浜崎あゆみ(39)が26日、味の素スタジアム(東京)で行われたエイベックスの夏フェス「a―nation」に登場。トリを務めるアーティストを各日の目玉に据えて有料チャンネルで配信。最終日の“大トリ”を浜崎がつとめた。

 体はかなりシェイプされ、天蓋つきのベッドを模したセリから登場した浜崎は縦横無尽にステージを駆け巡り、汗だくで熱唱。不安視されていた声質・声量ともに安定し、歌姫たる貫禄を見せつけた。

 この日のためにオーディションで選んだ約50人のダンサーが登場したのは数曲だったが、芸能リポーターの川内天子氏はこう言う。

「この日と今後のツアーに合わせて体をつくり、声量を落とさないようにトレーニングを積んできたのは明らか。彼女は何事にも全力ゆえ、ダンサーの起用が仮に1曲だとしても同じように準備するはずでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る