誹謗中傷はね返し…浜崎あゆみ“マイノリティーの星”に活路

公開日:  更新日:

 歌手の浜崎あゆみ(39)が6日、東京・代々木公園野外ステージで行われた「東京レインボープライド2018」の無料ライブに登場し、歌を通して性の多様性を訴えた。

「デビューしたての20年くらい前に生きるのがつらくなって、初めて行ったのが(ゲイタウンの新宿)2丁目で。それ以来、自分のホームのような気がして……」と新宿2丁目で苦楽を共にしてきたことを明かした。そんな“真の理解者”の登場とあって朝から会場外に人だかりができるほど盛況。

「まだまだ日本はコンサバティブ。マイノリティーが社会的弱者というイメージが拭えないという部分はあるけれど、マジョリティーが勝ち組で正しいということはないと私は思っています。私もマイノリティー理解者のひとりとして、一緒に歩ませていただきたい」と熱く語りかけた。

 途中何度も感極まり、涙ぐむ浜崎に、2丁目のファンたちも号泣。「あゆが引退しても、メジャーでなくてもファンを続けます!」という声援が飛び交い、さらに支持を強固なものにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  4. 4

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る