飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

残暑のベタベタの不快感をサァ~ッと…「え~いもう師匠」

公開日: 更新日:

 ペッコリ45度、ずん飯尾和樹です。まだまだ蒸し暑い日が続いてますね。自分がもしシューマイだったら、おいしく蒸し上がるでしょう。シダ類植物だったら最高な毎日でしょう。そして……ってもういいよ!?

 こうジメジメした日は、肌はもちろん、服もベタベタになりますね。そんな時にふと思うのが、このままプールに飛び込みたい! そして自分の中にはプールはダメでも違う形で帰宅して、そのまま風呂に直行して水の張ってある浴槽に服のままザブ~ン! と入る「え~いもう師匠」が住んでいるのです。

 それはもう汗で肌にベタッと引っ付いてた服の間に水が流れていき、ベタベタの不快感をサァ~ッと流してくれるのです。そして見事に蒸し暑いベタつきにそ~っと、Say good bye! って、売れない新曲みたいになりましたが、今年はすでに20回は開催しています。外出先から帰宅したときだけに限らず、先日も家で唐揚げを揚げ終わった後、いくらクーラーが効いていても揚げてる鍋の正面に立ってるだけでなかなかの暑さ。しかも油で顔がベタベタに~と感じたら、よっ出ました! え~いもう師匠! 最後の唐揚げを揚げ終わったら、しっかりと火を止めたのを確認し、獲物を狩りに川に突っ込むハンターカワセミのようにダイブです! ちなみに、医療番組で共演したドクターによると、「日常生活では服は濡らさないように汚れないようにしているだけに、それを解放するのはストレス発散にはとてもいいです」と言われました。

 皆さんも良かったら、え~いもう師匠! になってみませんか? ちなみにコトが終了して服をしぼっている様子は誰にも見られたくないですよ。良い9月を!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  7. 7

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る